よろしいのハエトリさん日記

ハエトリソウの育成、成長記録です

初のハエトリソウ輸入株

 

こんにちは!

 

突然ですが、先日我が家にある物が届きました。

 

 

それがこちら

    ↓↓↓  

f:id:yoroshii:20170806112612j:plain

 

 

なんと、ハエトリソウの輸入株です。

そうです、輸入代行なるものをはじめて利用してみました。(・∀・)

 

輸入株って、こんな形で届くんですね~。

濡れた綿のようなものに包まれていたとはいえ、海外からの長旅を良く耐えてくれました。

 

株自体はかなり小さなものでしたが、根元が枯れている様子はなかったので、すぐに植えつけてあげました。

 

f:id:yoroshii:20170806112639j:plain

こちらはオールレッド(all red)です。

ハエトリソウのオールレッドって意外と見かけないと思いません?

赤い竜とかはよく見かけますが…。

 

とまあ、純粋に赤系ハエトリが欲しかったので、ならシンプルに赤いだけのやつを買ってみよう!と、思っただけなのです(笑)

 

f:id:yoroshii:20170806112648j:plain

こちらも赤系ハエトリです。

ボヘミアンガーネット(Bohemian garnet)です。この品種は有名なのではないでしょうか?綺麗に色づけば、とても見ごたえのあるハエトリですね。今の状態だと、その姿を見る事が出来るのはまだ先になりそうですが……。

 

ボヘミアンガーネット、なんと言っても名前が素敵ですよね。

で、この品種について少し気になることがあるのですが、野々山園芸(ラベル的にそのはず)さんの売っている赤系ハエトリが在りますが、あれがすごくボヘミアンガーネットに似ていると思うんですよね。

実際のところどうなんでしょう?

 

f:id:yoroshii:20170806112740j:plain

そして最後がこちら、イエローオレンジ(yellow orange)です。

イエローなのかオレンジなのか(;・ω・)

 

この品種名を見た当初、黄色いハエトリがいるのか!なんて思いましたが、どうもこの品種、葉の内側が赤くならない品種なんだそうですね。

 

なので、本当に黄色やオレンジという色になるわけではなく、どちらかというとオールグリーンのようなハエトリソウらしいです。

となると、オールグリーン、イエロー、イエローオレンジの違いが気になるところですね。

 

まあ、まっきっきにならないのは少し残念でしたが、オールグリーン系統も気になっている品種だったので、成長した姿が早くみたいところですね!

 

それでは、また!

 

カップトラップ(dionaea muscipula cupped trap) 実生①

 

こんばんは。

 

最近、Hey!ピクミンをプレイしているよろしいです。

ネタバレになってしまうとあれなので詳しくは書きませんが、ラスボスが『アレ』をモチーフにしたものでしたね(・∀・)!

ちょっとテンションあがりました。

なんて書いてしまうと察せられてしまいそうですが。

 

さてさて、

 

前回に引き続き、今回もカップトラップの実生をご紹介していきます!

まだ前回から十日ほどしか経っていませんが、実生株たちにはハエトリソウらしい変化が見られました。

 

f:id:yoroshii:20170725233340j:plain

どうでしょう?

もう、種の栄養に頼ることなく、用土の上で自らを支えられるようにまでなりました。

種の殻も取れたことで、植物らしい双葉を展開しています。

 

そして、そこから数日後……

 

 

     ↓↓↓

 

 

 

f:id:yoroshii:20170725233346j:plain

f:id:yoroshii:20170725233344j:plain

画像がぼやけてしまってわかりづらいのが申し訳ないんですが、双葉の間から捕虫葉を出しはじめました!

 

よーく見ると、ぎざぎざな歯の部分もしっかり出来ているんですよぉ~。

 

ただ、一応カップトラップの種子として購入したものですが、この状態ではまだわかりませんね。交配しても形質が遺伝しなかったりする場合もあるそうですし…。

 

まあなんにせよ、ハエトリが順調に育ってくれているだけで嬉しいのです(・∀・)

今後はこのカップトラップ実生の成長も細かくご紹介していこうと思っています~。

 

それではまた~。

 

ハエトリソウの実生…!

 

こんにちは

九州では大雨が降ったりしていますが、私の住んでいる地域ではまともに雨が降らない状況が続いています。

気温も高く、湿度も上がってきたためにだれるような暑さになっていますね。

人間もそうですが、植物が心配です。

 

日光が好きなハエトリソウとはいえ、さすがに35度を超えるようじゃあ蒸し焼きにされてしまいますからね。

 

さて、前回まではハエトリソウの花を中心に紹介していきましたが、あれ結局、結実はしませんでした。

残念ですが、まあ仕方ありませんね(・ω・)。

 

ただ!

どうしても実生から育てたいという気持ちがおさまりきらず!

種子を購入してしまいました(゜∀゜)

 

↓そしてこちらが、六月辺りに蒔いて発芽したハエトリソウの赤ちゃんです!

f:id:yoroshii:20170713112640j:plain

まだ発芽したてですので、ほんの少し緑が見えるくらいです。

ですが、蒔いたハエトリソウの種からはっきりと発芽しているのがわかります。

 

ちなみにこれ、cupped trapの種子なんです。cupped trapといえば、その名の通り捕虫葉が包み込むようなカップの形をしていることで知られていますね。

 

まだその姿の欠片も見せてくれてはいませんが、無事に発芽したとあっては、これからが楽しみでなりませんね!

 

f:id:yoroshii:20170713112645j:plain

これは、発芽してからすこし経った時の画像です。

種を力強く持ち上げ、双葉に分れようとしているのが窺えます。

 

おまけ

f:id:yoroshii:20170713112655j:plain

今年の春ごろに、サンダ―ソニーの鉢からなにやら見慣れない植物が生えてきていると思えば、品種不明のモウセンゴケでした。

 

場所を移してあげた頃は小指の爪の半分もない大きさでしたが、順調に育ち、今では親指ほどまでになってくれました。

これはコモウセンゴケでよいのでしょうか?

 

この子も可愛らしいので面倒見てます(・∀・)!

 

食虫植物の花

 

おひさしぶりです。よろしいです。

さて、数日前に梅雨に入ってしまったわけですが、今年はどうも乾燥した梅雨になりそうだと予報されていました。

 

雨ばかりですと、ハエトリさんたちが成長できなくなってしまいますからね。晴れてくれるのであれば嬉しい限りです。

 

あ、でもたまには雨も必要ですよね!私たちが干からびちゃうのはごめんです!

 

さて、季節も季節ですので、ようやく待ちに待った時が来ました。

早い話が、ようやく開花したんです(・∀・)!

 

今回はその開花までの流れを画像で見てもらいたいな、と思っています~。

f:id:yoroshii:20170613124319j:plain

これは十日ほど前の写真になります。

ようやく白い花びらが見えてきたところですが、まだ咲くには早そうです。

 

しかし、数日経てば…

 

 

f:id:yoroshii:20170613124325j:plain

このように、白い部分が多くなってきました!

開花も間近です!

 

f:id:yoroshii:20170613124330j:plain

だんだんと開いて…

 

f:id:yoroshii:20170613124335j:plain

f:id:yoroshii:20170613124340j:plain

f:id:yoroshii:20170613124348j:plain

今年の一輪目が咲きました!

この日は天気も悪く、花はしっかりと開き切ってくれませんでした。

ですが、

f:id:yoroshii:20170613124355j:plain

後日、しっかりと咲いてくれていました。

一輪咲いてからは早いもので、このあとも次々に開花してくれました。

 

実生も考えているので、種が実ってくれると嬉しいなあ。

 

 

そしてこちら↓

f:id:yoroshii:20170613124402j:plain

カペンシスの蕾です。

 

f:id:yoroshii:20170613124406j:plain

こちらもいつの間にか咲いていました笑

ドロセラ全体がどうなのかはわからないんですが、カペンシスの花は順番に一輪ずつ咲いていくんですね~。

 

f:id:yoroshii:20170613124413j:plain

こちらもぴょこぴょこと可愛らしいです。

はやく大きな鉢いっぱいにウサギを跳ばせたい!

 

それでは、また!

花芽さらに成長!

 

こんにちは~。よろしいです。

 

今回の花芽の成長具合だけ記録していこうと思います~。

さっそく見ていきますと、こんな感じです。

↓↓↓

f:id:yoroshii:20170526110625j:plain

これはハエトリソウ普通種の花芽です。

 

前までは先端がすぼんでいたのに、今ではいくつかの球状に分れています。この丸い部分の数だけ花が咲くということなのでしょうか?

 

長さも、接写すると下の本体が映らないほどに伸びています。

すごいですね~。

f:id:yoroshii:20170526110629j:plain

こっちはカペンシス(仮)の花芽です。

 

この画像は少し前のモノなんですが、今ではいくつもつぶつぶした物がついているのがはっきりと解るようになっています。

 

花芽の成長の仕方で気づいたのですが、葉は成長点を中心に広がる感じですが、花芽は成長点に背を向けるというか、外側に向かって伸びていくようです。

 

これもやっぱり、種子のために補虫は避けようとする工夫なのかもしれませんね~。

 

で、このカペンシス(仮)なんですが、なんと花芽二号が伸びて来ました(;・ω・)

 

二輪も咲かせるのはどうなんでしょう?

これからはその辺りも少し様子見しようかと思います。

 

それでは、また~!